終活セミナー エンディングノートの書き方 遺言書の書き方

トップページ - 主要業務(終活関連):終活セミナー

主要業務(終活関連):終活セミナー

ご自分や家族のため、社員の介護離職防止教育などにご活用ください!

これからの将来に備えるために学びましょう

終活とは、自分の人生の後半期に残りの人生を不安なく過ごすための活動のことで、もしも自分に何かあった時(病気で倒れる、寝たきり、認知症、介護、危篤、死亡)に備えておく様々な準備の総称ですが、より良く生きるための活動です。

具体的には、入所する介護施設・世話をしてくれる人を決めておく(契約)、遺言書を作成しておく、葬儀の執行内容を決めておく、戒名を決めておく、墓地やお墓を購入しておく、埋葬方法(樹木葬、散骨希望等)を決めておく、ペットの世話を頼んでおくなど。

流通ジャーナリストとしてラジオ・テレビに多数出演し、若くして難病で他界された金子哲雄さんの最期の”逝き方”はまさに終活と言えます。(『僕の死に方 エンディングダイアリー500日』(金子哲雄著)

エンディングノートはこの終活の記録でもあり、書くことそのものが終活の一つです。

エンディングノートについてはシニア世代だけでなく、独身で働かれている30代の女性が積極的に書かれていることが多いようです。

最近では、親の介護のために40代~50代の企業にとって中堅どころの社員が離職する、いわゆる介護離職が増えています。経営者さまは「育児・介護休業法」で規定された義務規定に準拠した人事制度を敷かれていると思いますが、社員の家庭に立ち入ったフォローまでできません。そのため、介護離職予備軍とも言える中堅社員向けに、介護離職しないために、社員は個人としてどのような備えをしておくべきか?そんなニーズに応える講座もご用意しています。

シニアの方で、パソコン操作やインターネットに興味はあるんだけど、自分は歳だから、パソコンの操作は覚えられないとか、年齢を理由に諦めることはありません。当事務所の行政書士は前職はIT企業のエンジニアで、パソコン・インターネット利用指南まで承ります!

当事務所では、以下のような講座をご用意しており、ご用命いただければお客様ご希望の場所、日時で講師を承ります。ご希望により内容や進め方(参加者皆で考える勉強会形式とか)をカスタマイズすることも可能です。

【対象】社会福祉機関様、行政高齢福祉部署様、生涯学習センター様、保険会社様、金融機関様、
    不動産業者様、介護福祉施設様、葬祭業者様、散骨業者様、町内会・自治会様、老人クラブ様、
    その他、企業内人材研修、終活を目的とするサークル、知人同士のグループ、家族さままで

【最少受講者数】会場開催:5名以上。ご自宅希望の場合:1名様から

講 座 名 内  容 所要時間の目安
親が認知症・要介護になる前に
やっておくべき8つのこと

40代からはじめる親と私の終活
~家族介護の現実と備え~
高齢者の病気、認知症のこと、介護費用、介護者ケア、終末期医療、葬儀、お墓のこと、親の家のこと、親の財産管理、配偶者との死別、成年後見制度、老後資金・健康管理、相続・遺言など、介護・介護離職~看取りのリアルな体験談を交えて、本人または親が要介護状態、特に認知症になる前にどのような備えをしておくべきか、シニアの方、おひとりさま、おふたりさま、親のことが気になる働き盛りの子供世代向けにお話します。家族で話し合うきっかけづくりのための、ご自宅におじゃまする家族向けの出張プライベートセミナーも承ります。 2時間
成年後見制度 ・成年後見って何?
・法定後見
・任意後見
・後見人が選任されるまでの流れ
・後見人は何をするのか?
・後見人の選任が必要なケース
1時間半
遺言・相続の基礎 ・遺言/遺贈とは
・遺言書がないとどうなるか?
・法定相続人/法定相続分/遺留分
・遺言でできること
・遺言の方式
・遺留分への配慮
・遺言書を作成することをお勧めするケース
1時間半
遺言書の書き方 ・モデルケースを使った遺言書見本の説明
・実際に遺言書を書いてみる
・失敗しないための遺言書チェック
2時間
家族信託
・遺言は認知症対策にならない
・信託とは?家族信託とは?信託財産とは?
・成年後見制度との違い
・家族による家族を守るための財産管理
・認知症対策としての家族信託
・親なき後問題対策としての家族信託
2時間

料金表

名称 サービス内容 料金(税別)
終活セミナー ・お客様ご指定の会場で各種講座講師を務めます
・ご希望あれば終了後に個別無料相談も承ります
3,000円/1人
終活セミナーに関するご相談 電話・FAX・メール、面談 ご相談へ
【注意事項】
事前に会場の設備(机・椅子の数、マイク・プロジェクタ・赤外線指し棒・ホワイトボード・壇上付近の電源の有無等)などをお知らせ下さい
会場の確保および会場使用料負担はお客様でお願いします
会場へ向かうために発生する旅費交通費は実費が別途必要となります
料金には別途、消費税を頂きます
お客様に寄り添った最適なサポートを致します。お気軽にお問い合わせください。TEL・FAX番号:044-948-8818 クリックでお問い合わせフォームへ→