建設業許可申請 雪渕行政書士事務所

トップページ - 許認可申請:建設業

許認可申請:建設業

建設業許可を取得して業務拡大を図りませんか?

建設業許可を取得して業務拡大を図りませんか?

建設業とは

建設業とは、元請、下請その他いかなる名義をもってするかを問わず、建設工事の完成を請負うことをいいます。

建設業許可を取得することのメリット

  • 建築工事一式以外で500万円以上、建築工事一式で1,500万円以上の工事ができるようになります
  • 元請業者が下請け業者を選別する際に許可を取得している会社、個人事業主であれば安心して任さられ、業界内でも信用度が上がります
  • 金融機関から融資を受ける場合でも、与信審査において、許可を受けて継続的に受注できるかどうか大きなポイントになります
  • 公共工事入札への参加が可能となります(許可を取得していることが「競争入札参加資格申請」資格要件)

建設業の28業種

建設業は、28業種に分かれています。

「建設業の28業種」についてはこちらを御覧ください

建設業許可申請について

申請の流れ

建設業許可申請の流れ

料金表

建設業許可申請料金表

名称 サービス内容 料金
(税別)
【新規】建設業許可申請(知事) お客様のご相談を受け、建設業許可要件を満たしていることを確認し、申請書作成・添付書類作成/取得、申請書類一式の提出まで当事務所にて行います 120,000円~
【新規】建設業許可申請(大臣) 180,000円~
【更新】建設業許可申請(知事) お客様のご相談を受け、申請書作成・添付書類作成/取得、申請書類一式の提出まで当事務所にて行います 80,000円~
【更新】建設業許可申請(大臣) 120,000円~
その他申請 許可替え、業種追加等 別途、お見積り
建設業許可申請に
関するご相談
電話・FAX・メール、面談 各種ご相談へ
【注意事項】
料金には別途、消費税を頂きます
料金はあくまで目安であり、状況や内容により異なりますので、ご相談内容をお伺いし、お見積りをさせていただきます
申請書に添付する各種書類取得手数料は実費で頂きます
更新申請は5年ごとに行う必要があります
決算変更届は毎年行う必要があります

新規または更新申請の申請手数料等

申請種別 申請行政庁 申請手数料 登録免許税
新規・建設業許可申請 都道府県知事 90,000円
国土交通大臣 150,000円
更新・建設業許可申請 都道府県知事 50,000円
国土交通大臣 50,000円
決算変更届 両方ともに

お客様に寄り添った最適なサポートを致します。お気軽にお問い合わせください。TEL・FAX番号:044-948-8818 クリックでお問い合わせフォームへ→